前のページに戻る

         
下にスライドして行って、見てくださいね。



 

   DUAL BAND ANTENNA

   MODEL CA-1000 ( 50MHz帯&70MHz帯GP )

     ヤフーオークションで、海外輸出用コードレス電話のオプション品と思われる
     
GPアンテナがあったので、入手してみました。
     数年前から、何回も出品されているので、まだまだ在庫はあるようです。

     ヤフーオークションでの検索キーワードは下記でヒットすると思います。
     『 同軸/基台付50MHz帯/70MHz帯のデュアルGP未使用稀少品 』

     仕様としては、50MHz帯と、70MHz帯の2バンド対応のようです。
     アンテナ本体に、15m長のRG58/Uケーブル(3D2V相当)がついて、
     3900円(送料別)で落札できました。

     見た目は、サガ電子のアローラインシリーズに、かなり近いと思います。

     

     このアンテナの、3Φと、4Φの各ステンレスエレメントを、1m長の物に交換して
     28MHz帯 1/4λ 短縮なしのGPに、改造しようと思います。

     ただ、基台部分の作りが、思ったよりも小さいと言うか、28MHz用の2.5m長に延長した
     各エレメントを取り付けて使用するには、
強度的に少々心配な部分もあります。

     改造せずに、そのまま、あるいは短縮型GPとして使う分には、まったく問題はないと思います。
     また、他の周波数用、改造ベースとして使用できそうです。

 

     【 下記は、オークションの画像をお借りしています。】

                              垂直エレメント取り付け部分と  
     基台部分は、同軸直付けです。      ラジアルの取付穴。
             

 

    下記は、各エレメントの全部品です。 
    本体をポールに取り付けるUボルトなどは、付属しませんから、自前で用意する必要があります。
  

 

  上にある画像の、左右の両端を拡大したものです。
  上側にある部材は、垂直エレメント部と、70MHz帯のラジアル1本分です。
  下側の部材は、50MHz帯のラジアル2本分です。                               50MHz帯用のトップ・ローディングコイルです。

 

 

     下記は、付属していた取説の図を抜き出して、各部分を実測した数値を書き込んでみました。
     他の周波数帯に改造するときの参考になれば、幸いです。

     垂直エレメントのトップ・ローディングコイル下までが、70MHz帯用で、ローディングコイルを含めると50MHz帯になるようです。
     ラジアルの短い1本が、70MHz帯用で、残りの2本が50MHz帯用です。

     長い方のラジアルから、共振周波数を計算してみると、約47MHz近辺のようです。
     50MHz帯で使用する場合も、各エレメントの調整が、それなりに必要になるかと思われます。

 

 

  付属してきた英文の取説です。
  専用品のためか、使用する周波数の記載などは、見当たりません。



   記載した内容に、間違いや、問題などがありましたら
   掲示板などから、ご連絡をお願いします。

    
前のページに戻る